アーティストインタビュー

AKI

専門学校の講師をしながら、フリーのイラストレーターとして活動中。カードゲームのイラストのほか、漫画、動画なども手掛ける。LIMITS初出場からわずか2か月で電撃的な快進撃を見せたスーパールーキー。2018年3月のLIMITS JAPAN FINAL最終予選を首席で突破、4月のJAPAN FINAL決勝大会で準優勝、5月の世界大会「LIMITS World Grand Prix2018」へも出場。7月に開催されたMonst Art Battleでは2018年の世界王者AhmedArdooriをも撃破した実績を持つ。

「とりあえずやってみよう」で初参加

AKIさんがLIMITSに参加されたきっかけを教えてください。

私が講師をしている専門学校が、LIMITSの試合会場だったんです。その時に声をかけていただいて、体験みたいな感じで参加したのが最初ですね。「とりあえずやってみよう」と軽い気持ちで(笑)。好きなイラストレーターさんも出場されていて、その方の作業を生で見られるもいいなと思って参加しました。

LIMITSのことはご存知でしたか?

実は知らなかったんです。最初に見た試合はjbstyle.さん※が出場されていたんですが、普通に絵を描き進めていく競技かと思っていたら、制作途中のプロセスがすごく面白くて。思っていたのと全然違ってびっくりしました。

※jbstyle.

アパレル、ゲームなどをメインに活動。hide(X JAPAN)、J(LUNA SEA)などの公式アイテムの他、鉄拳7のアートワーク、アパレルブランドRUDIE’S、格闘技イベントRIZIN、名古屋まつり2017のメインビジュアルなど、ジャンル問わず幅広く活動中。

実際に出場されてみて、いかがでしたか?

20分という縛りもあるし、プロセスが重視されるし、最初は絶対無理だと思いました。でもなぜか、意外とできたんですよ(笑)。と言っても当時はまだ普通に描いていくだけで、描くものの順番ぐらいしか決めてなかったんですけど。もともと漫画も描いていますし、ストーリーのあるものが好きなんです。それもあって、絵だけを仕上げるより、ストーリーを見せていく面白さにひかれました。あと、好きなジャンルの絵が描けるのも楽しいですね。時代劇が好きなのですが、仕事ではほぼ描く機会がないので……。自分の好きな世界を思う存分表現できるのも魅力です。

LIMITSに出場して、世界が一変

LIMITSに参加する前と後で、なにか変化はありましたか?

同業者のつながりが増えました。もともと学校の同期ぐらいで、同業者との接点がなかったんですよ。でもLIMITSは地域ごとの予選などがあるので、知り合いや友達が急に増えました(笑)。そこから一緒に仕事をする機会ができたり、先輩に面倒を見ていただいたり、世界が一気に広がりましたね。技術的な面でも、LIMITSの演出のために、普段の仕事では使わないツールや方法をいろいろ試すようになりました。表現のスキルもアップしたと思います。LIMITSの練習用に動画を撮っていたんですが、それがきっかけで動画の仕事もさせていただくようになりました。

人脈のほかに、技術や仕事の幅も広がっているんですね。

そうですね。動画の仕事なんて、きっとLIMITSに出ていなかったら絶対になかったと思います(笑)。表に出るような活動もしていなかったので、イベントに呼んでいただいたり、試合会場で声をかけていただいたりするようになるなんて、思ってもいませんでした。試合前は忙しいし緊張もしますけど、LIMITSを通じていろんな経験や出会いをさせてもらっています。

AKI流、LIMITS必勝法

AKIさんが試合に臨む際の「心得」を教えてください。

対戦相手とどう戦うかより、見ている人に楽しんでもらいたいという気持ちが強いですね。相手の方は強くて当たり前なので、そこはあまり意識しないようにしています。ただ試合の展開で、先に相手が目立つ演出を仕掛けてきたら、派手目な演出を入れて盛り上がりどころを作ることはありますね。

事前のシミュレーションや練習はされますか?

テーマがある程度わかっているときは、百マス計算のようにいろいろな組み合わせを想定してアイデアを出します。この組み合わせがきたらこれを描こう!というのは、ある程度決めていますね。技術的な訓練は特にしませんが、仕事などで必要なスキルをその都度習得していく感じです。

アイデアやインスピレーションは、どんな時にひらめきますか?

趣味がかなり作品に影響していますね。漫画やアニメ、舞台を観るのが好きなのですが、動きのある演出のヒントをたくさんもらっています。あ、この演出やってみたい!と思ったら、実現できるツールや表現方法を試したり。自分の好きなものが、発想の源です。

LIMITSは楽しんだもの勝ち!

LIMITS参加によって世界が広がったAKIさんですが、

これから参加しようと考えている方へのメッセージをお願いします。

気軽に楽しんでください! 私自身もすごく楽しんでいるので(笑)。試合の前はすごく緊張しますが、絵を描いている20分間はめちゃくちゃ楽しい!時々集中しすぎて、 周りの音もなんにも聞こえなくなります。最初はハードルが高そうに感じる部分もあると思いますが、ステージに上がってしまえば何をしても基本OK(笑)。なので、思いっきり楽しんでほしいと思います

どんな方が向いていると思われますか?

人に喜んでもらうのが好きな人、でしょうか。オーディエンスによる投票もあるので、自分を応援してくれる人が多かったらうれしいし、少なかったらもっとがんばろうと思えるので。でもそうじゃない人も楽しいパフォーマンスをされるので、絵を描くのが好きな人なら、みんな楽しめると思います。

では最後に、AKIさんご自身の今後の目標を教えてください。

今はイラストの仕事が中心ですが、漫画がメインになったうれしいですね。また動画の仕事も少しずつさせていただいているので、これからは漫画・イラスト・動画とマルチに活躍できるといいなと思っています。

AKI x リミッツ x エレコム コラボレーションアイテム

iPadに貼るリミッツ公式競技用フィルムがコラボパッケージで販売中!

ビックカメラ 店舗・オンラインショップのみの限定販売!

© Copyright 2015 - 2019 P.A.I.N.T. Inc. All Rights Reserved.


No part of this site may be reproduced, stored in a retrieval system or transmitted in any way or by any means (including photocopying, recording or storing it in any medium by electronic means), without the written permission of P.A.I.N.T. Inc.